ゆるく生きたい〜ふわ太の人生日記〜

ただ静かに生きていたいだけなのに…そんな自由人の「なんだかなぁ…」の詰まったニートの人生日記

MENU

どうして誘いを断れないのか

f:id:YuruFuwaTa:20181224202605p:plain

YuruFuwaTa


忘年会、クリスマス会シーズンですね…

世界のリア充さん達…

 

 

f:id:YuruFuwaTa:20181224202248p:plain

f:id:YuruFuwaTa:20181224202523p:plain

YuruFuwaTa

 

 

最初に

「忘年会しようや!」

この誘いが仲の良い友達だった場合は

二つ返事で

「やろう!」

と返答できますよね〜

 

でもその誘いが

職場の人

あまり親しくない人

からの誘いだったら

みなさんちゃんと断れていますか・?

 

私の場合

「嫌われたくない」

「お世話になったし」

「陰口言われるかも…」

と思ってしまい

 

参加したくないイベントごとに

思わず

「YES!」

と答えてしまいます(;_;)

 

そこで快く「NO!」と答えるための

メンタルコントロールを紹介します!

 

断っても言うほど相手は気にしない

 

もしあなたが誰か友達にイベントにさそうとしますよね?

そして友達が誘いを断ったとします。

その時あなたはどう思いますか?

もしいつも会っている友達なら

「仕方ない」

済ませれると思います。

 

ですがさほど、仲良くない人だったら

「まぁ、親しくはないし当たり前か…」

と思いません?

そして断ったからといって

あなたはその人を

嫌いになりますか?

 

もし嫌いになるとすれば

あなたは相手に

依存していると言うことになります

依存は豊かな人間関係を気づく上で

非常に厄介なもので

依存すると

「あの人が断った…どう言うつもり!!」

とこっちまで辛い思いをしてしまいます。

 

もしあなたが相手の誘いを断ったとき

相手がそれを原因に怒るとすれば

それはその人とあまり良い人間関係を

気づけていない証拠となります

 

それは相手にとっても自分にとってもよくありません。

依存を防ぐ為にも

自分軸で「YES!」「NO!」を

使い分ける必要がありますね!

 

 

 

イヤなのに行っても相手に失礼

 

これも自分に置き換えて考えた時

もし相手が楽しそうに見えないで

時計ばかり気にしていて

それに気づいたあなたは

 

「もしかして…誘わないほうがよかったかなぁ」

 

と思ってしまい

あなた自身も楽しみたい場所で

楽しめない!

といった状況に陥る可能性がありますよね

 

それは時間の無駄ですし

やはり何も気にせずイベントを楽しみたいもの

相手を気遣って

自分の時間を楽しめないのであれば

それは本来の目的とは違ってきます

 

「イヤなイベントを断る」

 

は決して悪いことではありません

相手はあなたに楽しんでほしいと思って

誘ってくれています

なので「楽しめそうにない」と

思ったならば断った方が

あなたも相手も

無駄な時間を過ごすことは無くなります。

 

 

結局、価値観が違うので断ることは正解

 

人は皆、価値観が違います

生き物に興味のある人は水族館に行ってもとても楽しめますが

生き物に一切興味を持っていないとすると

もっと他の場所に行って楽しいと思えることをすべきです

 

そう皆「好き」「嫌い」が違うのは当たり前

好きなものは「好き」

嫌いなものは「嫌い」

を言うことは自分の意思を示すと共に

相手に本当の自分を知ってもらうチャンスになります

 

飲み会に誘っても断っていたならば

もう飲み会には誘われなくなりますし

(いけない理由が日程など、嫌いじゃない場合は

相手にその旨を伝えるべき)

映画の誘いには必ず参加していれば

相手は

「この人はわいわいするよりもじっくり楽しみたい人なのか」

と考えてくれる場合もあります

 

そこで相手に

自分の価値観を知ってもらうことで

人生に置ける

「無駄」

を省けます

 

断ることも

参加することも

間違いではありません

 

あなたの心はどう言っているのかは

あなたしか分かりません

 

自分に正直に断ってみてください

相手が本当にあなたを大切に思っているのであれば

わかってくれるはずです

 

 

どうせなら好きなイベントにお金を使いたい

 

単純に考えて、お金は自分の好きなことに使いたいものです

イヤなイベントに行って

お金を使って

好きなことにお金を使えない状況になってしまうと

一体なんの為にお金を稼いでるのかが

わからなくなってしまいますよね

 

どんな時でも

自分に忠実に行動したいものですね!